どうも、しょへです。

 

ぼくがずっと間違えて使っていた見出しタグのお話。

見出しタグとは?

 

見出しタグとはhタグのことです。

 

<h2>テキスト</h2>のようにhタグで囲むと

文字が大きくなったり、文字背景に色が付いて見出しになるアレです。

この文章の上にある緑色の背景をした「見出しタグとは?」がh2タグの見出しになります。

 

hタグはh1~h6まであり、数字が小さいほど重要度が大きいことを表します。

記事の中に見出しで重要度を付けてあげれば

とても見やすくてわかりやすい記事になりますよね。

 

そして

とっても見やすくてわかりやすい記事ということは、

ユーザビリティの向上とSEO対策にもなるということです(゚∇゚*)

見出しタグの使い方

 

ブログ記事と本の構成は同じだと思って使ってください。

 

h1=本のタイトル=記事のタイトル

h2=第1章=大見出し

h3=第1節=中見出し

h4=第1項=小見出し

h5=第1号=もっと小さい見出し

h6=第1?=もっともっと小さい見出し

 

こんなイメージです(*¨)

 

ですが

ブログは記事タイトルがh1タグになっているので、h1は特に気にする必要ないし

h5とh6はあまり使用しないので

h2~h4タグを本の構成と同じ順番に使えばまず大丈夫です。

 

だから

「2→3→4」

の数字の流れを繰り返している限り、

「h1→h2→h2→h3→h2→h3→h3→h4→h2」

のように同じ数字のタグが2回続いたり、何回も出てくるのはOKですが

 

「h1→h1→h2」はタイトルが2つあるからNGだし

「h1→h3→h4」はh2が抜けてるからNGだし

「h1→h3→h2」は順番が逆だからNGになります。

 

ぼくはWordPressでブログを始めた当初、

見出しタグの見た目だけで使いまくってたのでそれだけは絶対にアカンです・・・。

見出しでSEO対策

 

見出しにキーワードを入れることで

検索エンジンに記事の重要な点を伝えることができます。

SEO対策ですね。

 

ですが、

あくまでも見出しは

わかりやすい記事にするためのものなので

キーワードを盛込みすぎて

不自然な見出しになったり、本文と関係ない見出しになることは避けてください。

 

コツとしては、

見出しだけを見て本文の内容がわかるかどうかです。

 

適切なキーワードの見出しを付けることで

検索エンジンからの評価が記事全体として高くなるので、

意識するといいSEO対策になりますよ(●´∀`●)

 

 

ではでは

 

 

アフィリエイトが加速するメルマガ