どうも、しょへです。

 

50を過ぎた父と母がポケモンGOをにどっぷりはまっているようで呆れている息子です。

ちなみに、ぼくはポケモンは好きだけど歩きスマホをしたくないという理由で

ポケモンGOはやっていません。こう見えて真面目なんです。(本当は外に出たくないだけ)

 

それはどうでもいいとして、言葉の話をしますね。

日本語は美しい

 

ブログを書いていると、言葉で伝えることの難しさを感じます。

書いていることを読み手がどう捉えるかなんて十人十色。

それをどう十人一色に近づけられるか。

 

ぼくは趣味を通じた高校生の友達が結構いるんですが、

バイトのことを「バ」と言ったり

マジのことを「マ」と言ったり

了解のことを「りょ」と言ったり

 

・・・・・

 

「いやもうわけわかんねえよ!」

と声を大にして叫びたいです。

 

TwitterとかLINEなどのコミュニケーションが増えた弊害だとは思いますが

「言葉って、日本語って、本来美しいのになあ」と美しくないブログを書いているやつが感じます。

 

ぼくは

音楽や映画や本が趣味なんですけど

それらを通して毎日毎日、言葉や文字に触れているおかげで

「語彙力だったり感受性だったり価値観だったりが他の人よりは豊かかな!」

っと勝手に思っています。

 

特に、音楽はもう依存症レベルで好きで

月に4回はライブに行きますし、常にイヤホンをしてないと禁断症状が出そうになるくらい

ライブ依存症、音楽依存症です(笑)

音楽というか、音にのせた言葉が好きなんです。

今までの辛い人生をどれだけ言葉に支えられてきたことか・・・

 

音楽とか映画とかは直接的に関係はないんですけど、本は読んだ方がいいです。

これは嘘偽りなく趣味とかの話ではなく読むべきです。

読書の習慣化でインプット

 

稼ぎ続けている人は誰もが本を読む習慣があります。(らしい)

 

アフィリエイトって要は情報を発信するお仕事じゃないですか。

情報発信する人はまず情報をインプットしないと発信できるわけないですよね?

 

当たり前のことですが

初心者さんが「記事を書くネタなんてない」

っていうのは、何も知らないからなんです。

稼げるアフィリエイターさんは小説家のような才能があるから稼げるわけではありません。

情報をしっかりインプットしているから記事が書けて稼げるんです。

 

例えば、スーパーアフィリエイターさんに「ゴキブリの良さについて教えてください!」と尋ねても

元昆虫博士か変態でもない限りゴキブリの良さを伝えることはできないですよね
ゴキブリゴキブリゴキブリ

 

 

 

 

 

 

でも

逆にブログを書いたことない人でも

自分の趣味を記事にするのなら自由にいくらでも書けるはずです。

 

まあ、別に読書じゃなくても⇒検索を習慣化することでインプットすることでもできますが、

他の記事の真似のようになりやすいし、活字の言葉に触れることで気持ちに変化が出るし

読書を習慣化できた人はアフィリエイターとして強いと思います。

 

 

大切なのは

情報と言葉をインプットする。だから記事が書ける。

 

情報に限らず、言葉をインプットすることを意識して生活していると

ネタが増え、脳みそが拡張されて、記事に悩むことはなくなるかなと思います。

 

 

ではでは

 

 

アフィリエイトが加速するメルマガ