どうも、しょへです。

 

記事ですよ!記事!

 

ブログっていうのは記事の積み重ねでできているわけであって

記事の書き方がわからず、思うまま日記のように書いていると

おめでとうございます。全て台無しクソブログの誕生です(^∀^)

 

でもまあ

記事の書き方っていうのは、何十記事も書いているうちに

自然と自分なりの書きやすい書き方が身に付いてくるもので

 

だから

誰かに教わってマネするものではないと思いますが、

あくまでも1つの参考例として、ぼくなりの記事の書き方を紹介します。

しょへ流ブログ記事の書き方

 

まず記事ネタの考え方は、

⇒もう悩まない!記事ネタの探し方2つ♡を参考にしていただきたいんですが

ぼくは記事ネタのアンテナを、24時間ずっとビンビンにしています。

 

そして、

少しでも「これネタになるかも?」っと思ったら

スマホのメモに情報やキーワードを書いていき、自分だけのネタ帳を作ります。

 

そして

そのネタ帳の中から書きたいネタを1つ選び

とことん調べ尽くして勉強します。

記事が書き進まないというのは

書きたい事の本質を自分が理解していない場合が多くて

勉強から始めないと書けるわけがありません。リサーチとかインプットってやつですね。

 

次に

勉強して大切だと思ったこと、それに対する自分の意見

適当にぐちゃぐちゃにひたすらに

「ブワアアアアアアアアアアアアアア」っと一時的な文章を書き出しまくっていきます。

 

ちなみに書き出すときは、TeraPadというフリーのテキストエディターを使っています。

簡単にいうとメモ帳のスゴイ版みたいなもので、使いやすくて愛しています。

 

「これでもか!」ってくらいに出し切ったら

その文章から明らかに不要な部分や重複している部分を削り落として整理します。

 

書きたい事がまとまったらいよいよ本番。

 

まずはザックリとしたタイトルと見出しをイメージします。

そして

誰に何をどう伝えたいのかを考えながら

TeraPadに書いてあることをパズルのように組み合わせて文章を作っていきます。

 

さらに、

その文章を基にキーワードなどのSEO対策も意識しながら

自分の言葉で肉付けをしてオリジナル性をどんどん出していきます。

オリジナル性というか、書きながら「これだ!」としっくりくる言い回しを考えます。

 

ある程度書き終えたら

重要な文章を色や大きさで強調し、顔文字や画像を加えていく。

 

そして、

検索ユーザーの気持ちやSEO対策を意識した正式なタイトルと見出しを考えます。

 

ここまできたら記事はほぼ完成しているので

アイキャッチ画像、タグ、カテゴリー、ディスクリプション、メタキーワードなど

細かい部分を設定していきます。

 

ここで初めて、プレビューでの確認作業に移ります。

この段階では5回くらい音読をしています。

一発で納得いく記事が書けることは99%ないので

⇒記事を見直すときのポイントを頭に入れながら、気になった部分を修正していきます。

 

これで記事の完成。

 

が、まだ投稿はしません。

 

1時間くらい放置します。

書いているときは、気持ちに熱が入って自分よがりな記事になってしましがちなので

時間を空けて冷静になることで、記事を客観的に見ることができます。

1時間前とはまた違った気づきが見つかるのでオススメです。

 

 

そして、投稿。

 

 

でもまだチェックがあるんですよw

 

実際に、読者さんの気持ちになって読みたいので

リアル感を出すために、ブログに直接アクセスしてもう1度音読しています。

 

この最終チェックで「いい記事ができたな!」っと納得したらやっと1記事の完成です。

自分で自分の記事に納得できなかったら、訪問者さんはもっと納得できませんから

自画自賛できるまで記事を何度も何度もチェックしてください。

 

 

そして、溜まったリビジョンを削除して作業終了です。お疲れさまでした。

 

 

ぼくはこんな感じで記事を書いています。

意識してこの書き方で書いているわけではないですが

「気づいたらこの書き方になっていた」って感じですね。

 

あなたもあなたなりの書き方を見つけて

その上で、ぼくの書き方も参考にしていただけたら嬉しいです(´∀`*)ノ

 

 

ではでは

 

 

アフィリエイトが加速するメルマガ